今月の運勢(月運) - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

主精を調べる

1980

1

1

SEARCH

算命学とは

主精別 2021年5月5日~
6月4日の運勢

  • 古典的なものを示す星と、音の星が重なって巡る月です。ぜひとも今月は、クラシック音楽や伝統芸能に触れることを目指し

    MORE

  • こういう状況下で旅もままならぬときですが、今月は「出かける」ことが推奨される月です。遠くでなくても自然に触れるた

    MORE

  • 「自己責任」という言葉に注意を向けるべき月といえます。責任というと、厳しく堅苦しい印象をもつ人がいるかもしれませ

    MORE

  • 何かと多忙な星がやってきて、じっとしていられない月になりそうです。でも心配するようなことはありません。身体を動か

    MORE

  • 変化を示す星が現れるチャンスの月です。同時に2つのことがこなせるというか、2人ぶんの異なる働きができるでしょう。

    MORE

  • 春の大地は、暖かい太陽の光をいっぱいに含んで、豊かな栄養と力をもっています。今月は一年で最もあなたがパワフルにな

    MORE

  • 外出がままならない状況ですが、あなたにとってはひとりで過ごすことが最善の月といえます。むしろ在宅時間の多いいま、

    MORE

  • 「楽しむ」という星のエネルギーが、あなたが自分の好きなことに心を向けて取り組むよう促してくれる月です。どんなに些

    MORE

  • 新しい友人ができるという社交の星がやってきます。とはいえ、人との交流に制限がかかっている状況下では、出会いのため

    MORE

  • 年が改まってから数カ月が過ぎましたね。今年はこれをしようと年頭に思っていたことは、進んでいますか? コロナのため

    MORE

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。