2月の運勢(月運) : 陽 - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

2021年2月3日〜2021年3月4日の運勢

星座名

人への施しが巡り巡って自分に。計画的なマネープランを。

「与える喜び」のエネルギーに満ちた星が巡る2月。まだ寒さもコロナも収まらない時季ではありますが、星は愛情や思いやりがあふれる、豊かな生活になるようサポートしてくれます。またお金の意味もある星なので、金銭の出入りが多くなる人もいるでしょう。どちらかというと貯蓄や節約ではなく、収入はあっても出費もかさむという、回転財の意味合いが色濃い時期です。たとえば、電化製品や車などの買い替えが重なったり、お祝い行事に出席するとか、家賃の更新料を払う必要が出るなどが考えられます。買い物については即買い、衝動買いに十分気をつけて、じっくり検討してから決めるという心づもりを忘れないようにしましょう。こういう星が巡る時には、気前がよくなるのが特色ですので、計画的でないカード使用もご用心。心は豊かになる時期なので、何ごとも思いやりをもってポジティブに考えられるでしょう。とりわけ、ラブチャンスに強さがある月なので、良縁との出会いと進展を目標に、やさしさをアピールしつつ、成果ある婚活にしてください。

陽のあなたはこんな人

いつも明るさを携えて、地上のすべてを照らす太陽に象徴される世界が、あなたの本質です。無邪気で、のんびり、リラックスして、自然体で生きたい人。太陽が日の出から日没まで、つねに動いているように、感受性や表現力豊かで、じっとしていない行動力があります。表現力が豊かで、いろいろなことを工夫するのも上手。ただし、長年地道にコツコツ、あくせくといった、忍耐力には欠けるところがありますが、趣味や遊ぶこと、食べることが大好きで、人生を楽しく生きることができる人です。人生の苦難も、持前の明るさで大らかに乗り越えることを選択すれば、より深い味わいと実りのある大人として、広く人々に求められ好かれるでしょう。

陽の有名人

イザベル・ユペール(女優)1953/03/16
ヴァンサン・カッセル(俳優)1966/11/23
ガエル・ガルシア・ベルナル(俳優)1978/11/30
レオナルド・ディカプリオ(俳優)1974/11/11
ロマン・ポランスキー(映画監督)1933/08/18

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。