今月の運勢(月運) - 中森じゅあんの算命学占い

『フィガロジャポン』本誌で大人気だった、中森じゅあん先生の算命学を毎月更新。
中国最古の占星学から読み解いた、主精別の「今月のキーワード」と、全体運、仕事運、恋愛運をさらに良い方向へ導くためのアドバイスをお届けします。

主精を調べる

1980

1

1

SEARCH

算命学とは

主精別 2020年10月8日~
2020年11月6日の運勢

  • 今月の星はあなたに「遊ぶことの楽しさ」を味わうようすすめています。“遊び”という言葉には

    MORE

  • やさしくあたたかい太陽のようなエネルギーが、あなたにふりそそぎます。その心地よさをひとりでゆったり感じ取る時間を

    MORE

  • 今年度も後半に入ってしまいましたが、今月はなんだかやる気が出てきて、何か新しいことでも始めたくなるといった前向き

    MORE

  • こんな時期ではありますが、人間関係が広がることを示す星がやって来ます。新しい友人知人との出会いや、新しいグループ

    MORE

  • 動きに特色のある月です。行動範囲が狭まれている時代ではありますが、それでも旅、外出、移転といったチャレンジの星の

    MORE

  • 勉学の秋らしく、学びの星がやってきます。一緒に子どもの星を伴っていますから、好奇心が湧き起こり、もっと知りたくな

    MORE

  • 多忙な流れです。仕事でもプライベートでも、スピーディに物事を運ぶことを今月の心がけにして、あれこれ考え込むことな

    MORE

  • 今年いちばんの変化のタイミングです。若々しいエネルギーの元気な星がサポートしてくれます。仕事では責任のあることが

    MORE

  • さまざまな意味で愛情を感じる月に。仕事、家族、友人、自分自身への愛を意味すると同時に、ラブチャンスとして出会いに

    MORE

  • 家族とか、家庭、家の中、といった意味の星がやって来ます。そのためか家にいる時間が、いつにも増して多い月になりそう

    MORE

Horoscope : Juan Nakamori / Illustlation :Maggie Prendergast

中森じゅあんプロフィール

鬼谷算命学が専門の占い師。バイオシンセンス・ボディサイコセラピスト。占い師としてのキャリアは20年。また、フリーランスのコピーライターとしても27年の経験をもつ。算命学のほか、ワークショップ講演、エッセイや詩の執筆など幅広い分野で活躍中。著書は『鬼谷算命学』(三笠書房)、エッセイ集『幸福の扉を開きなさい』(PHP文庫)、詩画集『天使の愛』(講談社)ほか多数。

BRAND SPECIAL

    BRAND NEWS

      RECOMMENDED

      WHAT'S NEW

      LATEST BLOG

      FIGARO Japon

      FIGARO Japon

      madameFIGARO.jpではサイトの最新情報をはじめ、雑誌「フィガロジャポン」最新号のご案内などの情報を毎月5日と20日にメールマガジンでお届けいたします。